成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

私の不動産投資法③(ステージング)自分の物件を選んでもらうための差別化

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

前回は、『私の不動産投資法②(リフォームの打合せ → リフォーム完了の確認 → 自分達で手直し)』までのことを書きました。

まだご覧になっていない方は、こちらからご覧ください。
↓ ↓ ↓
私の不動産投資法②(リフォームの打合せ → リフォーム完了の確認 → 自分達で手直し)

 

今回は、

『ステージング』について書きたいと思います。

自分の物件を選んでもらうための差別化

照明器具

私が持っているアパートは、周りにも同じような間取りのアパートがたくさん建っています。

なので、部屋を探している人に選んでもらうためには、差別化をしなければなりません。

 

「私の不動産投資法②リフォームの打合せ → リフォーム完了の確認 → 自分達で手直し)」でもお話をした、照明器具も重要な一つだと考えています。

部屋を案内された方が、玄関を開けた時に視界に飛び込んでくる部屋の内部は、すっきりと綺麗で明るい印象がベストだと思います。

 

そこにペンダントライトが天井から吊り下がっていては、「時代」を感じてしまいます。

先ずは、DKと部屋の照明をすぐに取り替えることを考えました。

 

今は、ホームセンターでLED照明(リモコン付)が3,980円くらいで購入できます。(他にもいろんな種類があります)

明るさの段階も切り替えられるようになっていて、自分達でも簡単に取り付けることができます。

 

私がホームセンターで購入した照明器具はこちらです
↓ ↓ ↓

NEC LEDシーリングライト ~6畳 (日本照明工業会基準) 3200lm 調光タイプ リモコン かんたん留守タイマー機能

 

 

“照明器具の交換前”はこちらになります。
↓ ↓ ↓

-照明器具交換前-

 

この記事の冒頭の写真でも載せていますが、”照明器具の交換後”の写真はこちらになります。
↓ ↓ ↓

-照明器具交換後-

 

やはり、ペンダントライトですと古さや昭和感が漂います。

同じ部屋でもこれだけ印象が違ってきます。

 

3路スイッチになっていないDKにも、リモコン付きのこの照明器具と同じものを付けましたので、使い勝手もよくなりました。

 

 

テージングの効果は部屋のイメージをしやすい

ステージングは「この部屋に住んだらこんな生活をイメージできる」を意識します。

そこで大切なのがペルソナ設定です。

 

  • 新入社員男子の初めての一人暮らし
  • 大学新入生女子の一人暮らし

 

というように、明確にした方が、部屋を見にきてくれた人にイメージをわかせやすくなります。

そして、備品を購入するのにも、余計なものを買い過ぎずに済みます。

 

今回私が買い揃えたものは、2部屋分をIKEAとセリアで購入しました。

そこに、ホームセンターで購入した照明器具が1部屋につき2台になりますので、諸々を含めると1部屋あたり総額20,000円で済みました。(運送料込み)

 

 

「新入社員男子の初めての一人暮らし」をイメージ

-黄色のアクセントクロスは男性でも女性でも選びやすいように-

 

-ぬいぐるみを置くことで目線を惹きやすい-

 

-バスルームも色味を統一-

 

-トイレもすっきりと清潔感のある印象に-

 

-キッチンも若い男性が住んでいる印象を-

 

 

「大学新入生女子の初めての一人暮らし」のイメージ

-新入生の春をイメージ-

 

-女子の可愛らしさをイメージして-

 

-襖紙をティファニーブルー色のクロスへ張り替え-

 

-すっきりと清潔感を与える印象で-

 

-こちらも清潔感を与える印象で-

 

-タオルのピンクで部屋の統一感を-

 

といったような形になりました。

 

「新入社員男子をイメージした部屋」は、直ぐに決まり今は住んでいただいています。

「大学新入生女子をイメージした部屋」のほうは、退去後すぐにクリーニングを行い、1週間程前に完成したので翌日ステージングを行なってきました。

 

こんな形で、不動産投資を行なっています。

もともとインテリア系の学校も出ているので、「住まい」が好きでもあります。

ご参考になれば嬉しいです。

 

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.